診療科

消化器内科

診療科紹介

教育認定施設
日本内科学会認定教育関連病院 日本消化器病学会認定施設 日本消化器内視鏡学会指導施設

当科は日本消化器病学会認定施設および日本消化器内視鏡学会指導施設であり、医師およびスタッフの育成に特に力を入れております。
食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆嚢・胆管・膵臓などの消化器系臓器を全て扱い、診断から治療まで迅速に行う中で、日々最新の検査・治療を心がけて取り組んでおります。入院患者さまに対しては、治療が適切であるか、スタッフ全員で週に1度、合同カンファレンスを行っております。また、外科とは週1回の合同検討会(内科・外科カンファレンス、内視鏡検討会、術前術後カンファレンス)を持ち、常に連携して診断から治療までの期間短縮に努めております。

対象疾患

 
食道疾患
食道疾患、逆流性食道炎、食道静脈瘤
胃二指腸疾患
胃炎、胃癌、胃潰瘍、胃ポリープ、十二指腸潰瘍など
大腸疾患
大腸炎、大腸癌、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、クローン病
肝臓
肝炎(B型・C 型)、肝硬変、肝癌など
肝臓外来はこちらから
胆嚢・胆管
胆石、胆嚢症炎、胆嚢癌、胆嚢ポリープ、総胆管結石、胆管炎、胆管癌
膵臓
膵炎、膵癌、膵嚢胞など

担当医

副院長 風間博正( かざま ひろまさ)

副院長  風間博正( かざま ひろまさ)

【プロフィール】

内視鏡センター長として消化器チームをまとめています。
年間2万件以上の検査と治療を目標とし、患者様にとって最善の医療を提供していきたいと思います。


【資格】

日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本内科学会指導医医
緩和ケア研修修了
厚生労働省 医師の臨床研修に係る指導医講習会修了
難病指定医
臨床研修プログラム責任者養成講習会修了

 多田正弘(ただ まさひろ)

多田正弘(ただ まさひろ)

【資格】

日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器病学会評議員
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化管学会胃腸科専門医
日本内科学会認定内科医
日本内科学会指導医
緩和ケア研修修了
厚生労働省 医師の臨床研修に係る指導医講習会修了
難病指定医

【専門】

消化器病学
消化器内視鏡学
内視鏡診断
内視鏡治療

 福田重信(ふくだしげのぶ)

福田重信(ふくだしげのぶ)

【資格】

日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本消化器病学会専門医
緩和ケア研修修了
嚥下機能評価研修会PDN VEセミナー修了

 西村 大(にしむらだい)

西村 大(にしむらだい)

【プロフィール】

地域の皆様のお役に立てるよう、誠意を持って診療いたします。


【資格】

日本消化器病学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医
緩和ケア研修修了
厚生労働省 医師の臨床研修に係る指導医講習会修了
難病指定医

外来担当医

時間/曜日
午前受付
8:00 〜 12:30
(診察)9:00 ~
福田重信 
多田正弘 
担当医 
担当医 
風間博正 
多田正弘 
西村 大 
西村 大 
午後受付
12:35 〜 17:00
(診察)14:00 ~
西村 大 
多田正弘 
風間博正 
多田正弘 
福田重信 
福田重信 

治療について

潰瘍性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病:inflammatory bowel disease:IBD)とは、腸の粘膜に炎症や潰瘍が生じ、再燃(=悪化)と寛解(=落ち着くこと)を繰り返す原因不明の慢性疾患です。
当院はIBD診療に力を注いでいることから、他院で診断・治療に難渋する患者さまが多数紹介受診されており、現在、潰瘍性大腸炎156名、クローン病10名が当院で加療されています。
治療法の選択については、医学的必要性は勿論のこと、患者さまひとりひとりのQOL(生活の質)や社会生活といったニーズに併せて治療法を選択しています。

● 潰瘍性大腸炎(UC)の治療

潰瘍性大腸炎の治療はペンタサ・サラゾピリンに代表される5―アミノサリチル酸製剤(5-ASA)製剤から開始し、患者さまの状態に応じて、ステロイド、顆粒球吸着療法(GMA)、白血球除去療法(LCAP)、免疫調節薬、生物学的製剤による治療を行います。
また、ステロイドを慢性的に長期間投与すると、少量でも副作用に苦しむことになることから当院ではステロイドを漫然と投与しない治療を心がけています。

● クローン病の治療

クローン病の治療は大きく分けて栄養療法と薬物療法に分けられます。栄養療法は食事を制限し栄養剤を服用する治療になります。また薬物療法は潰瘍性大腸炎と同様に5-ASA製剤、ステロイド、免疫調節薬、GMA、生物学的製剤による治療を行います。
なお、内科的治療で改善しない場合や、腸閉塞や腹膜炎を起こした場合には腸管切除術や狭窄形成術などの外科的手術を行います。

当院での治療実績をご紹介します。

  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病

クローン病

また、放射線科、外科、病理科、臨床工学科、栄養サポートチーム等と緊密な連携のもとに、一人の患者様に対して総合的にバックアップする体制をとっています。
現状では難病であるIBDの根本療法は確立しておりませんが、当院では患者様が不自由のない日常生活を明るく送れるよう社会生活とIBD治療の両立を目標に、QOL向上に向けて全力で取り組んでいます。

当院の消化器チームが、クローン病と潰瘍性大腸炎の総合情報誌CCJAPAN(69巻)で紹介されました。
くわしくはこちらのPDFファイルをご覧ください。

  • クローンフロンティア
  • UCフロンティアリンク

胃瘻(いろう)

胃瘻(いろう)とは、胃と体の外を結ぶ道のことであり脳血管障害、認知症や繰り返す誤嚥性肺炎やクローン病などの炎症性腸疾患などの経口摂取が難しい方で、4週間以上の生命予後が見込まれる場合に適応があります。
現在は胃内視鏡にて局所麻酔を使い、経皮的内視鏡的胃瘻造設術(=PEG)を行います。
手術時間は約20分程度で胃瘻を挿入してから退院まで、約1~2週間程度かかります。
退院後、問題がなければ6ヶ月に1回程度外来での交換をします。
関連リンクPEGドクターズネットワーク

● 内視鏡を使って胃瘻をつくる=PEGの手技をご紹介します。
◎イントロデューサー変法

1)
胃内視鏡を挿入し空気を胃内に送り胃を膨らませ胃瘻をつくる位置を決めます。
2)
胃瘻をつくる部位に局所麻酔し周囲に胃壁固定を行い細い針を刺しガイドワイヤーを胃内に挿入します。
3)
ガイドワイヤーを残したまま針を抜去しガイドワイヤーに沿わせダイレーターを挿入します。
4)
ダイレーターを抜去しガイドワーヤーに沿ってカテーテルを胃内に挿入します。
5)
カテーテルが留置されまた胃内に出血がないか確認し異常がなければ手術終了となります。

当院では脳梗塞、認知症、誤嚥性肺炎を繰り返し入院となる方を中心に周辺の老人病院や認知症専門の病院などからもご紹介いただき、胃瘻を造設しています。
胃手術後などのPEG挿入困難例もあり、挿入できない場合もありますが、できる限りお待たせすることなくスムーズに対応することを心掛けていますので、何か困ったことがあれば、当消化器内科へご相談ください。

食道胃静脈瘤

食道・胃静脈瘤は食道や胃の細い静脈が、太く“コブ”のように発達した状態のことをいいます。
門脈圧亢進症の重大な合併症であり、末期症状である静脈瘤破裂による出血死亡率は非常に高率です。
門脈圧亢進症の基礎疾患として約90%は肝硬変症があり、静脈瘤破裂による出血でさらに肝不全を誘発し、最悪死に至ります。
したがって、食道・胃静脈瘤では内視鏡による緊急止血や出血予防のための治療が極めて重要となります。

  • 内視鏡的治療(内視鏡的硬化療法(EIS)と内視鏡的静脈瘤結紮療法(EVL))
  • IVR(血管内カテーテル)を応用した治療
  • 外科手術
  • 薬物治療

当院では上記の治療法を患者様の状態に応じて選択していますが、現在では内視鏡的治療が主流となっております。

正常な食道

正常な食道

食道静脈瘤のできた状態

食道静脈瘤のできた状態

破裂により噴出するように出血することがあります

破裂により噴出するように出血することがあります

ゴム製のOリング

内視鏡的静脈瘤結紮療法(EVL)ゴム製のOリングを出血部にかけます

このような緊急例も含め、待機例にも当院では随時対応しております。肝臓が悪いと言われた方は一度は内視鏡検査をお勧めします。

胃癌

●胃癌は早期発見と治療が重要です
グラフ

日本の胃癌患者の約46%は、胃癌が見つかった時点で癌は胃に限局しています。一方、約26%は領域にある臓器やリンパ節に浸潤しており、また約13%は遠隔転移の段階で発見されています。

胃癌の5年生存率は全体で約60%ですが、診断時に癌が胃に限局していれば、5年生存率は約94%です。従って胃癌においては早期診断が大変重要です。

●胃癌の治療には色々な種類があります
治療法

胃癌の治療には、大きく「手術」「抗がん剤」「放射線」があります。 早期の胃癌の中には転移がほとんどないものがあり、お腹を開かずに内視鏡で治療できる場合があります。

内視鏡治療はお腹に傷がつかず、胃も小さくならず入院期間も、外科手術より短くすむ利点があります。

●内視鏡を使った治療。EMRとESD
早期胃がんと進行胃がん
1.内視鏡的粘膜切除術(EMR)

Endoscopic mucosal resection (従来行われていた方法)図のように粘膜内にとどまる癌の中で

  • 大きさは2cmまで
  • 潰瘍がない
  • 組織は分化型
    (正常の胃粘膜の構造を残している)

を満たすものが適応になります。
粘膜下層に生理食塩水などを注入することにより病巣を固有筋層から浮かせてスネア(金属の輪)をかけて高周波を用いて切り取る方法です。しかし、この方法では2cmを超える広い癌の場合は、スネアの大きさから病変を一括して切除することが出来ないため取り残しが出て再発する危険性や、病変を取りきれても分割されてしまい取りきれたか正確な診断ができないなどの指摘がされていました。

2.内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

近年、特殊な電気メスを使って、従来より大きな病変でもまるごと切除することが可能となりました。これにより切除後再発のリスクが大幅に軽減され、非常によい治療成績を上げています。

ESD治療の手順
  1. 内視鏡に処置具を装着して早期がんのまわりに印を付ける
  2. 粘膜下層に生理食塩水などを注入して、患部を浮き上がらせる
  3. 印を囲むように処置具ナイフで患部の周囲の粘膜を切る
  4. 粘膜下層を処置具ナイフで切開と止血を同時に行いながら剥離する
  5. 剥離完了した患部は顕微鏡による組織検査(病理診断)を行う
ESDの手順
●彩の国東大宮メディカルセンターは小回りがききます
・ご紹介された患者様の精査・治療が早い

開業医の先生方から胃癌(または疑い)と言われた患者様は心配ですぐに治療を受けたいとお思いでしょう。大規模病院では検査で数週間、手術までさらに1~2ヶ月かかる場合もありますが、当院では中規模病院の小回りのよさを生かし検査から治療までが迅速で、患者様に余計な心配を持たせません。

・外科との連携が良い

当院は外科とのカンファレンスを毎週行っております。それ以外の時間であっても、外科との垣根が低くいつでも相談ができます。内視鏡治療が可能な病変と思われても精査の結果それができない場合もありますが、すぐに最適な治療方針をたてることができます。
当院の外科では腹腔鏡手術にも力を入れており、患者様に最適な負担の少ない治療を選択することができます。

胆膵領域

●対象疾患

胆道系(胆管、胆嚢)及び膵臓の腫瘍、結石、急性胆嚢炎、急性胆管炎、膵炎など当院では上記疾患に対し、腹部エコー、CT、MRI 等の画像診断を駆使し、かつ内視鏡を用いた検査・治療も積極的に行なっております。
内視鏡的な検査療は一般的にERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影Endoscopic retrograde cholangiopancreatography の略語)と呼ばれるもので、内視鏡を用いて膵管や胆管の状態を検査し、同時に治療も行うものです。

内視鏡による処置の中でも特に高度なテクニックを要求される部類に入り、当院では2011 年中上記疾患に対し106 件の検査・処置(内視鏡的十二指腸乳頭切開術、内視鏡的胆管結石砕石術、胆管メタリックステント留置術、等)を施行しました。
現在近隣からの紹介患者を含め、対象患者数は急激に増加しております。

何か相談等あればいつでも当消化器内科外来へ受診してください。

ヘリコバクター・ピロリ ~除菌療法について~

●ヘリコバクター・ピロリについてご存知ですか?

ピロリ菌とは胃の中に生息している菌です。

胃の中は胃酸により酸性が強いために普通の菌は生息することができないのですが、ピロリ菌はウレアーゼという酵素で胃酸を中和することによって胃の中で生息できるのです。
このピロリ菌は近年の研究から胃潰瘍等の病気に深く関わっていることが明らかになってきました。

Q1:ピロリ菌はどのような病気を引き起こすのでしょうか?
A1:ピロリ菌に感染すると、胃の中に胃炎という炎症が起こります。胃潰瘍や十二指腸潰瘍の発症や再発にも関係してきます。また、最近では胃癌の発生にも関係することが明らかになってきました。
Q2:ピロリ菌がいるかどうか、どのように調べるのでしょうか?
A2:ピロリ菌の検査には内視鏡を使う方法と使わない方法があります。内視鏡を使う方法では、胃の組織を少し採取して、迅速ウレアーゼ法、鏡検法、培養法などの検査方法を用いて調べます。
内視鏡を使わない方法では、血液検査の抗体測定検査、呼気検査の尿素呼気試験、便検査の便中抗原測定があります。
これらの中から状況に応じて検査を選択させていただきます。
Q3:ピロリ菌の治療はどのように行うのでしょうか?
A3:ピロリ菌の治療は除菌療法と呼ばれています。抗菌薬と胃酸を抑える薬を組み合わせて7日間内服するだけの簡単な治療です。
なお、治療後4週間以上経過してから除菌できたかどうか確認するために検査を行います。除菌できなかった場合でも、薬の組み合わせを変えてもう1回治療ができます。
これによりほとんどの方のピロリ菌が除菌できます。
Q4:ピロリ菌を除菌するとどのようなよいことがあるのでしょうか?
A4:これまで胃潰瘍や十二指腸潰瘍は治りにくく再発しやすい厄介な病気と考えられていましたが、ピロリ菌を除菌することによって潰瘍の治りが早くなるだけでなく、潰瘍の再発も妨げるようになってきました。
また、胃癌の発症リスクも減少することがわかってきました。その他、胃マルトリンパ腫の治療、特発性血小板減少紫斑病の治療や、胃癌治療後の再発抑制にも有効ということがわかってきました。
Q5:ピロリ菌除菌には健康保険が使えるのでしょうか?
A5:ピロリ菌の検査・治療には保険適応できる場合と、自費で行う場合があるなど、わかりにくい点もあります。個別にお話させていただきますので、消化器内科までご相談ください。

簡単ですが、ピロリ菌についての説明です。ぜひ一度、ピロリ菌の検査を受けてみてはいかがでしょうか?
消化器内科では、ピロリ菌について相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。

消化器内視鏡センター

年間6,700件を超える内視鏡検査及び治療を行っていた東大宮総合病院内視鏡センターを発展させ、年間20,000例を超える検査と治療に対応できる約500平米の内視鏡センターを設立しました。7列の内視鏡室は電子ハイビジョン内視鏡装置・NBIシステム(色素内視鏡と同等のコントラストを瞬時に得られる内視鏡装置)に対応しています。ファイバーは最新のハイビジョンスコープ(上部×9本・下部×8本・側視×3本)と超細経鼻内視鏡(3本)も常備しており、検査・治療だけでなく検診にも力を入れていきます。

当センターの特徴として、大学病院をはじめとする基幹病院でもほとんど行われていない、多忙な患者さまに対応した上下部内視鏡の同日施行(半日)が好評を得ています。
最新の治療を積極的に取り入れ、消化管出血など緊急内視鏡が必要な場合にも24時間対応できる体制をとっております。地域の皆さまに安心して生活していただくため最良の環境を整えておりますので、消化器系疾患に関してご心配な点がございましたら消化器内科へご相談ください。

以下の内視治療を積極的に行っております。

  1. 胃・十二指腸潰瘍などからの出血に対する止血術
  2. 早期食道癌・早期胃癌・早期大腸癌に対する粘膜切除術(ESD・EMR)
  3. 胃・大腸ポリープなどに対する内視鏡的ポリープ切除術
  4. 食道・胃静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法、静脈瘤結紮術
  5. 食道癌などの消化管悪性狭窄等に対するステント留置術
  6. 術後吻合部狭窄などの消化管両性狭窄に対するバルーン拡張術
  7. 食道内異物や胃内容物に対する異物除去術
  8. 嚥下障害のため経口摂取が不能な方に対する内視鏡的胃瘻増設術
  9. ダブルバルーン法による小腸疾患に対する診断と治療
  10. 閉塞性黄疸(総胆管結石、悪性腫瘍等)に対する内視鏡的ドレナージ術(砕石排石、ステント挿入)
治療内視鏡件数
平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年
EMR/ポリペクトミー 上部 15 15 31 52 49 5
下部 158 148 186 240 342 23
ESD 0 0 19 59 20 27
胃瘻造設術 107 107 93 85 46 27
消化管止血術 67 104 134 176 278 206
消化管ステント留置 5 4 5 12 14 13
膵胆道系処置 75 90 145 223 358 431
内視鏡的静脈瘤硬化療法 4 27 27 20 34 15
合 計 436 501 655 876 1,141 747
診断内視鏡件数
  平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年
上部内視鏡 2,758 3,110 4,181 6,081 4,061 6,537
下部内視鏡 1,164 1,304 1,600 2,030 2,502 2,,584
ERCP 16 17 30 42 186 255
合 計 3,938 4,431 5,811 8,153 6,749 9,376

当院の消化器内視鏡センターを支援して頂いている先生方

副院長 風間博正( かざま ひろまさ)

副院長  風間博正( かざま ひろまさ)

【プロフィール】

内視鏡センター長として消化器チームをまとめています。
年間2万件以上の検査と治療を目標とし、患者様にとって最善の医療を提供していきたいと思います。


【資格】

日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本内科学会指導医医
緩和ケア研修修了
厚生労働省 医師の臨床研修に係る指導医講習会修了
難病指定医
臨床研修プログラム責任者養成講習会修了

 多田正弘(ただ まさひろ)

多田正弘(ただ まさひろ)

【資格】

日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器病学会評議員
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化管学会胃腸科専門医
日本内科学会認定内科医
日本内科学会指導医
緩和ケア研修修了
厚生労働省 医師の臨床研修に係る指導医講習会修了
難病指定医

【専門】

消化器病学
消化器内視鏡学
内視鏡診断
内視鏡治療

 福田重信(ふくだしげのぶ)

福田重信(ふくだしげのぶ)

【資格】

日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本消化器病学会専門医
緩和ケア研修修了
嚥下機能評価研修会PDN VEセミナー修了

 西村 大(にしむらだい)

西村 大(にしむらだい)

【プロフィール】

地域の皆様のお役に立てるよう、誠意を持って診療いたします。


【資格】

日本消化器病学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医
緩和ケア研修修了
厚生労働省 医師の臨床研修に係る指導医講習会修了
難病指定医

内視鏡検査担当医表

時間/曜日
午前受付
8:00 〜 12:30
(診察)9:00 ~
多田正弘 
西村 大 
西村 大 
多田正弘 
市原 広太郎 
市原 広太郎 
多田正弘 
西村 大 
担当医 
午後受付
12:35 〜 17:00
(診察)14:00 ~
風間博正 
風間博正 
西村 大 
小野田一敏 
多田正弘 
風間博正 
吉田森一