専門外来

排尿外来

排尿障害

排尿障害は排尿困難、頻尿、尿失禁、排尿痛など排尿に関する症状をさします。
排尿困難とはおしっこが出にくい、なかなか出てこない、時間がかかる、下に垂れるなどの症状をいいます。原因としては下記のようなものが考えられます。
前立腺肥大などの前立腺疾患 下腹部の手術後、脳卒中の後、糖尿病などによる膀胱を支配する神経の障害(神経因性膀胱)頻尿とはおしっこがちかいことです。飲水量や習慣などにより異なるため1日何回が異常とは言いにくいのですが一般的には1日10回以上、夜間は2回以上が頻尿と考えられています。原因としては下記のようなものが考えられます。

尿量の増加:飲水量が多い、尿の濃縮力の低下、利尿剤や降圧剤などの薬、糖尿病膀胱の刺激:前立腺肥大症、前立腺炎、膀胱炎、膀胱結石、膀胱癌 残尿の増加:前立腺肥大症、神経因性膀胱、尿道狭窄、精神安定剤などの薬 蓄尿(尿をためること)困難:過活動膀胱、脳卒中後、脊髄障害 膀胱容量の減少:前立腺肥大症などによる膀胱壁の肥厚、放射線治療後、膀胱結核 その他:精神的な要因、習慣、睡眠障害尿失禁とは本人が排尿しようという意思がないのにおしっこがもれてしまうことです。そのパターンにより下記のように分類されます。

真性尿失禁

尿がだらだらといつももれている状態で原因としては手術や外傷の後に括約筋が障害されて尿道がしまらなくなってしまっている状態が考えられます。

切迫性尿失禁

尿意を感じるとトイレまでがまんできずにもれてしまう状態で、原因としては前立腺肥大症や膀胱炎、膀胱結石などにより強い刺激が膀胱に加わっている場合や脳動脈硬化症や脳梗塞後に排尿を抑制する力が低下している場合、過活動膀胱が考えられます。

腹圧性尿失禁

くしゃみや咳、立ち上がるときなどおなかに力がはいった時に少量もれてしまう状態で中年以降の女性によくみられます。

溢流性尿失禁

膀胱に尿が充満し、括約筋をおしのけて尿があふれ出てしまう状態で、前立腺肥大症や神経因性膀胱により残尿が非常に増え、尿閉という状態になった場合に起こります。尿が少しずつだらだらともれます。排尿痛は排尿に関係する痛みのことですが、膀胱炎、尿道炎、前立腺炎などが考えられます。膀胱炎は排尿の終わりごろにいたみが強くなります。

過活動膀胱

過活動膀胱はいろいろな要因が合わさって膀胱の活動が過剰になっている状態です。症状としては昼間8回以上、夜間2回以上トイレに行く(頻尿)、急に尿意をもよし、トイレに行くまでがまんするのが大変になる、あるいは途中でもれてしまうなどがあります。

排尿障害に対する治療は原因によって異なりますが、有効な薬が数多く開発されています。

担当医

副院長 飯泉達夫(いいずみたつお)

副院長  飯泉達夫(いいずみたつお)

【資格】

医学博士
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本腎臓学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
緩和ケア研修修了
難病指定医

部長 岡田栄子(おかだえいこ)

部長  岡田栄子(おかだえいこ)

【資格】

日本泌尿器科学会専門医・指導医
キレーション療法認定医
日本医師会認定産業医
緩和ケア研修修了
難病指定医

初診で飯泉医師の排尿外来を受診される方は電話にて予約をお願いいたします。
TEL:048-665-6111(代表)

外来担当医

時間/曜日
午前受付
8:00-12:30
(診察) 9:00~
午後受付
12:35-17:00
(診察) 14:00~
岡田栄子 予約制