診療科

形成外科

2019年4月より新規開設いたしました。
形成外科の治療対象は全身の皮膚・軟部組織・顔の骨に関わる病変となります。
何か気になることがございましたら形成外科をご受診ください。

診療科紹介

形成外科では、以下のような症状について診察・治療を行います。

• まぶたの形成(眼瞼下垂症、睫毛内反症など)
• 顔・鼻の骨折の整復
• 皮膚の腫瘍(ホクロ・粉瘤)の切除
• 顔の変形、皮膚のひきつれの修復(ケロイド・肥厚性瘢痕)
• 巻き爪、陥入爪の治療
• やけどの治療
• 腋臭症(ワキガ)の手術療法
• 褥瘡(床ずれ)、難治性潰瘍の治療

得意分野

●眼瞼下垂症手術

眼瞼下垂とは、まぶたを引っぱり上げている筋肉が伸びて弱くなっている状態です。
目が開きにくくなることで、顔、くび周囲の筋肉に余計な力がかかるため、肩こり、頭痛の原因となることもあります。また、視力が低下することもあります。
ハードコンタクトレンズの使用や花粉症、加齢が原因と言われています。
手術にて改善できる病気ですのでお気軽にご相談ください。

担当医

 南 史歩(みなみ しほ)

南 史歩(みなみ しほ)

【プロフィール】

この度ご縁があり勤務させて頂くこととなりました。形成外科はほくろの切除、キズやケガなどをキレイに治すことからがん治療の再建まで、体表に関わるあらゆる疾患を取り扱っております。皆様のお役に立てるよう努力して参りますので、気になることがございましたら是非ご受診頂けたらと思います。よろしくお願いいたします。


【資格】

日本形成外科学会専門医

非常勤医  本間 勉

外来担当医

時間/曜日
午前受付
8:00 〜 12:30
(診察)9:00 ~
南 史歩 予約制
手術日 
南 史歩 予約制
本間 勉 第2・4週診療
午後受付
12:35 〜 17:00
(診察)14:00 ~
外来手術 
外来手術 
手術日