専門外来

鼠径ヘルニア外来

ヘルニアとは

ある臓器が体の弱い部分や隙間から他の部位へ出てくる症状をヘルニアといいます。この症状は体のいろいろなところで起こりますが、足の付け根付近で起こるものに、「鼠経ヘルニア」「大腿ヘルニア」があります。小腸が出てくるために「脱腸」とも呼ばれています。

■ヘルニアの症状
□立ち上がったり、お腹に力を入れると足の付け根が膨らむ
□こぶ状の膨らみやしこりは、体を横にしたり、手で押させると消えることがあります
□腸が出たり入ったりしている際は、軽い痛みやつっぱりが出る程度で、強い痛みはありません
□とび出したまま戻らない場合(嵌(かん)頓(とん)状態)は緊急的な対応が必要となります

ヘルニア

ヘルニア2

治療法

■手術
鼠経ヘルニアは自然に治ることはなく、治療は手術が中心となります。現在さまざまな手術法がありますが、いずれの場合にも手術後の痛みやヘルニアの再発が少ないこと、早くもとの生活に戻れることが大切です。
 当院の鼠経ヘルニア手術の最大の特徴は、お腹の中に入らない腹腔鏡手術であるため、傷が目立たなく、痛みが少ないほか、お腹のなかで発生する可能性のある術後の合併症が少ないことにあります。
 通常、お腹に小さな穴を3か所あけ、そのうちの1か所から腹腔鏡を入れて、他の2か所から入れた手術器具を操作して治療を行います。

■入院期間
 当院では手術前日に入院していただき、手術翌日に退院となる2泊3日が基本となりますが、お仕事のご都合などによっては手術当日入院での1泊2日も可能ですので、担当医にご相談ください。

■退院後の生活
退院後はすぐに通常の日常生活や仕事を行えるようになりますが、2~3週間は激しいスポーツや特に重たいものを持つのは控えて頂きます。

当院の実績

 当院では2004年に腹腔鏡を使用した鼠経ヘルニア手術を導入し、以後年々症例数は増加し、すでに1000例以上の症例経験を有しております。
 現在、鼠経ヘルニアの腹腔鏡手術件数は年間100例を超え、他施設からの研修も受け入れさせて頂いています。

この手術経験をもとに、患者さまに適切な治療を提供すべく診療にあたっております。
どのようなことでもお気軽にご相談ください。

担当医

 小島 成浩(こじま  しげひろ)

小島 成浩(こじま しげひろ)

【資格】

博士(生命医科学)
日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会評議員
日本内視鏡外科学会技術認定取得者(消化器・一般外科)
日本ヘルニア学会評議員
日本臨床外科学会評議員
TNT(Total Nutrition Therapy)修了
身体障害者福祉法第15条指定医師(ぼうこう又は直腸機能障害)
厚生労働省 医師の臨床研修に係る指導医講習会修了
厚生労働省 がん等の診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会修了
難病指定医
日本医師会認定産業医
日本臨床栄養代謝学会認定医

外来担当医

時間/曜日
午前受付
8:00-12:30
(診察) 9:00~
小島 成浩 受付は12:00まで
午後受付
12:35-17:00
(診察) 14:00~