治療支援部門

臨床研修センター

センター紹介

臨床研修センターの役割について

臨床研修センターは、院長直轄の組織で、センター長と専属の事務が所属しています。

主な役割は、研修内容の充実と研修環境の改善を図ることで、研修医の皆さんが2年間の臨床研修の目標を達成できるように、後方から支援しています。
そのため、研修医の皆さんが、前向きに研修に励んでいるかなど、研修医一人ひとりのメンタル面にも配慮しています。
メンター制度を取り入れ、定期的な面談を行い、全体での情報共有に努めています。
また社会人としての常識やチーム医療に必要なコミュニケーション力など、医療面以外で大切なことを学んでいただけるようにすることも、大事な役割の1つです。

その他の業務としては、未来の研修医を採用すべく、医学生の病院見学を実施したり、採用活動を行っています。

今後の目標は、業務終了後などの研修医勉強会を、さらに充実させたいと考えています。
現場だけでなく、off the jobで学ぶ機会も充実させ、研修医同士、切磋琢磨して、良い医者を目指して頑張ってほしいと思っています。

日々の研修では、大変なことや辛いこともたくさんあると思います。
そんな時に、臨床研修センターや仲間の研修医たちと、お互い励まし合い、支えあい、高め合いながら、医師としての礎を作っていただけたらと願っています。

研修医向け勉強会

研修医たちには、積極的に院内、院外の勉強会に参加してもらっています。

EBMセミナー(土曜日の午後に計3回)

EBM総論、臨床疫学の基礎、RCT論文の読み方などの講義。
その後は、自分の担当患者の臨床疑問をもとにRCT論文の批判的吟味を行い、発表する。

英語論文の抄読会(月2回)

病理科の医師による英語論文の抄読会。

ジェネラリスト勉強会(週1回)

総合内科の医師による勉強会。
外来研修を行う前に、毎回テーマを決め、症候診断学を学ぶ。

NST臨床研修への参加(約40時間)

栄養サポートチーム専門療法士を目指すコメディカルと一緒に、講義に参加をする。

若手医師セミナーの視聴(月1回)

有名講師陣によるWeb講義を、皆で視聴する。

キャンサーボードへの出席(月1回)

がんの診断・治療について単一科の医師だけでなく、がん医療に携わる専門職が職種を超えて集まり、患者の症状や状態を把握し、治療方針などを検討する場。

ランチョンセミナー(月1回)

最終的には、毎年2月に行われる埼玉県医学会総会の研修医枠での発表を目指し、発表の場数を踏むために、院内で上級医の前で発表をしてプレゼンの能力を磨く。

発表、論文作成(2年間で1つ)

埼玉医学会総会、大宮医学会総会など学会での発表や論文作成。

モーニングレクチャー(月1回)

テーマを決めて、上級医が、研修医にレクチャーする。

院内ICLS講習会 年3~4回

当院で開催するICLSは、日本救急医学会認定のコースなので、学会認定(プロバイダー資格)の受講証を取得することが可能です。
また、やる気のある場合には2年の間でインストラクター取得も可能です。

職員向けのBLS講習会を開催

職員全員のBLS受講を目指し、院内主催のBLS講習会を定期的に開催しています。
職員の受講率100%を目指し、また、BLSを定期的に受講することで、職員全体の意識を高めています。

その他

不定期で、外部の有名な講師を招聘し、講演会なども実施しています。
その他、合同カンファや大宮医師会の勉強会など院外の勉強会にも、積極的に参加をしています。

写真1
研修医たちの憧れの医師である寺澤秀一先生に講演をしていただきました!
研修医手技マニュアル
「研修医手技マニュアル」の執筆に研修医も貢献しました!!
当直医マニュアル
研修医も執筆に協力しました!!

研修医室・医局紹介

研修医室・医局紹介
・研修医には机・本棚が用意されています
研修医室・医局紹介
・研修医室には電子カルテが1台あります
研修医室・医局紹介
 
院長企画「軽井沢研修」

院長と研修医全員で軽井沢保養所での宿泊研修を行いました。

軽井沢研修
軽井沢研修